皆様の声♪カワイ表参道(4/4)音感教育とテクニックを融合を!〜バッハインヴェンションへの扉を開ける〜

4/4のカワイ表参道でのセミナー、100名近くの方に受講いただき、大盛況で終了いたしました。ご来場いただいた皆様ありがとうございました!

★セミナー会場のカワイ表参道のスタジオで6/5開講のスケール・モード・アルペジオ勉強会も若干名募集中です。
セミナーにおいでになれなかった方、セミナーの内容をもっとじっくり勉強したい方、申し込みお待ちしております!
詳しくはこちらをご覧ください。(スタッフ)

 

皆様の声……アンケートの抜粋をご紹介いたします

♪スケールの勉強法が良くわかりました。応用としてのバッハの解釈、素晴らしいと思いました。(東京都)

♪音程を感じる事の大切さを改めて感じました。バッハの指導は難しく感じていましたが、基礎をきちんと伝えていればすべてに通じるんだとわかりました。(千葉県)

♪確実に、昨日までよりは音程感、“心のピッチ”、コード感に留意したレッスンができると思います。バリエーション1のレガートを聴いた時、身震いするくらい美しく、その瞬間ものすごく癒されました。(名古屋)

♪先生は本当に楽しそうにピアノに向かわれますね。生き生きした先生の姿につられて、私も家に帰ってはやくピアノを弾きたくなりました。

♪バッハの自由さ、多くの人にアレンジ、即興される理由がよくわかりました。(東京都)

♪受験生にこの本(『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』)を使っていますが、やっぱり全ての生徒に使った方がいいなと実感しました。先生の美しい音でスケールを聴くと、心を洗濯された気分です。新しいエネルギーをいただき、レッスン頑張ろう!と思いました。(埼玉県)

♪役に立ったことは、聴きとり術で耳をまず育てていくこと、ポジション移動に入ったらスケールを学び、88鍵全てを使って五度圏24調を学び、スケールバリエーションを弾き分けていくとバッハへつながる、モードは近現代へ…など。
ピアノランドメソッドで音楽の全てが学べることに、あらためて驚きと感謝の気持ちでいっぱいです。丁寧にしっかりメソッド全体を学ぼう!と決意しました!ありがとうございました。(北海道)

♪スケールとコードの学びからどのようにBACHへつながるのか気になり参加しました。先生の鋭い着眼点に頭が下がりました。先生のステキな音色も聴けてあっという間の時間でした。いつも裏付けもあるので、とてもよく理解できます。(東京都)

♪スケール、アルペジオは、ただ全調を知るためのものと思っていたので、音程の仕組みから学んで本当にびっくりしました。全調のスケールを学ぶことは覚悟がいる苦行だと思っていたので、レッスンするにも自分に覚悟が必要だったのが、今日で意識が変わりました。
沢山の学びがあったなかで一番心に響いたのは “まずは音程を感じる速さで演奏すること” です。本当に全音に進む気持ち、半音に進む気持ちを今日は改めて実感しました。(北海道)

♪インベンションをこんな風に幾通りもステキに弾いて聴かせたら、みんなバッハが大好きになることでしょう。私も…。
『聴きとり術』と『スケール・モード・アルペジオ』を生徒にすすめる上で、思わず「音楽の国語辞典と漢和辞典みたいなもの。一生使えるよ♪」なーんて言ってしまいました。親御さんは納得して買ってくれました。(栃木県)

 

※同タイトルのセミナーが、11月22日(木)にカワイ梅田で開催予定です。

チラシはこれからですが、出来次第アップいたします。
関西の皆様、どうぞ楽しみにお待ちくださいませ。(スタッフ)

PAGE TOP ↑
single-news.php