出版物 > 楽譜 >
カタログ表示 リスト表示
ピアノ曲集 風 巡る

ピアノ曲集 風 巡る

発売元:音楽之友社
定価:1,512 円(本体1,400 円)【購入】
発行年月日:2017年08月
樹原涼子作曲
菊倍判・32頁 装画 本間ちひろ

樹原涼子、待望のピアノ曲集が、4年振りに出版されました。
この『風  巡る』は、すべての曲が樹原が敬愛する音楽家や心を寄せる人たちに捧げられたもので、バラエティに富んだ作品集となっている。

親愛なる宮谷理香に捧ぐ 巡る(pf)
世界中の子供たちに捧ぐ 夢見る妖精 (pf)
敬愛する舘野泉先生に捧ぐ 天空の風 Celestial Breath(左手のためのpf)
親愛なる春日保人に捧ぐ 僕の故郷(ふるさと)(歌とpf)
故郷に捧ぐ 君が笑えるように(歌とpf)
昔子供だった人に捧ぐ 小さなお伽話(pf)

 

「巡る」は、1995年のショパンコンクールで5位に入賞したピアニスト宮谷理香さんに捧げられており、2017年4月に《樹原涼子》を弾きたい シリーズ トーク&コンサート 第1回 宮谷理香において初演された曲。軽やかにも、またしっとりと表現することも可能な、小節線のない自由さがある。ペダルを踏み替える深さをコントロールして倍音の残り具合を調節することを促すために、〈ped.〉の記号を用いている。

「夢見る妖精」は、世界中の子供たちへの贈り物。楽しげなワルツの揺れ動く和声、モードと調性が絡み合うような中間部。演奏するのも聴くのも楽しい1曲。和音の中の特定の音の強弱を表す記号を使用。

「天空の風」は、左手のピアニストとして活躍されている舘野泉先生に捧げられている。「大気の動きを感じられる曲を。風の音を聴くのが好きで」とのリクエストに、時間をかけて書き上げた1曲。『こころの小箱』の「思い出の小箱」と、『やさしいまなざし』の「ふたり」が、『舘野泉左手のためのピアノ小品集』に収められたことをきっかけに生まれた曲で、2017年11月16日の《樹原涼子》を弾きたい シリーズ トーク&コンサート 第2回 舘野泉において初演される予定。手の平を使ったアルペジオで、スタートと終わりの音を指定する三日月型の記号を用いている。

「僕の故郷」は、樹原涼子と同郷で熊本出身のバリトン歌手、春日保人氏に捧げられている。阿蘇や天草を思い出の地として育ったであろう氏の故郷への思いを作品にこめた。2017年8月12日のピアノランドフェスティバル熊本特別公演にて春日保人、小原孝(ピアノ)の演奏で初演された。

「君が笑えるように」は、熊本地震の直後に、熊本に住む大切な人たちを思いながら作曲したもの。苦難に直面した人を慰め、勇気づける歌として、歌い継がれていくことを願って。

「小さなお伽話」は、昔子供だった人に捧げた愛らしくも不思議な5拍子の小品。この曲集の最後を飾るために出版直前に書かれたもので、聴く人の耳と心に深い印象を残す。アルペジオ記号の中に強弱を指定するための記号を用いている。

 

この『風 巡る』の作曲者によるレクチャーコンサートが、2017年9月29日に行われた。その様子はこちら(時々日記)
また、舘野泉氏に捧げられた「天空の風」が、舘野泉先生ご自身の演奏で初演される予定で、樹原涼子の左手のための作品が演奏される。

 

2017年 11月 16日(木)

《樹原涼子》を弾きたいシリーズ トーク&コンサート 第2回 館野泉

出演者:舘野泉×樹原涼子

12:00〜13:30

カワイ表参道 コンサートサロンパウゼ (東京都渋谷区)

公開日: 最終更新日:2017/10/21

PAGE TOP ↑
single-publications.php