名古屋近郊で2つのイベント終了、そして11月22日も名古屋でお会いしましょう!

11月には名古屋近郊で3つの催しがあり、まず、終了した2つがとても心に残るものだったので“時々日記”に書き留めておきます。そして10日後の11月22日は、名古屋で1日だけのスペシャルセミナーがあるので、その詳しいご案内も❗️

まず1つ目は、11月3日、津市でピアノランドメイト主催の勉強会を長年受講されてきたピアノの先生方が主催するピティナステップが行われ、その審査員をつとめました。多くの方が私の曲を演奏されるということで、「樹原先生が聴いたらなんと言われるかしら」という声がきっかけでお招きいただいたとのこと。印象的だったのは、幼児から大人の方まで、みなさんがピアノを心から楽しんでいるのが伝わってくる演奏だったことです。合間の2回のレクチャー「樹原涼子の考えるピアノ教育とは」「子供たちの音楽的自立のために大切なこと」では、和声変化を感じるとはどういうことか具体例とその大切さを、また、練習したように演奏するのではなく、その“場”においての音楽の流れを聴きながら自分で判断する力をつける必要性について、お子さんと保護者、指導者のみなさまと共にじっくりと考える時間を持ちました。

100人以上の審査をしましたが、前半は沢山のお子さんが『ピアノランド』から、最後の方では大人の方達が樹原涼子ピアノ曲集から「夢」「やさしいまなざし」「ノスタルジー」「言葉よりも」「響く」等を演奏され、作曲者からのメッセージを書くことができました。これまで聴き慣れた様々な作品群の中で自分の作品がどのように響くのかもよくわかり、作曲家として感慨深いものがありました。一般の方々がこんなにも樹原作品を理解して美しい音色で慈しむように奏でてくださることに驚き、ちょっと涙ぐんでしまいそうな演奏もありました。

また、ご一緒した金子彩子先生、太田留里子先生の講評はとても勉強になり、多くの方との出逢いに感謝の気持ちでいっぱいです。お二人の先生も大人の演奏のあとでうるうるしていらして、みなさんの美しい音色と音楽を愛する気持ちの強さに打たれ、清々しい気持ちで審査を終えました。伺うことができて本当によかったです。

いろいろ親切に教えてくださった金子彩子先生、太田留里子先生とパチリ♪

 

 

そして、TSUステーションのみなさんとパチリ♪
久志本さん(前列左から2番目)、皆様、お招きありがとうございました!

 

 

遡って、審査の前日には名古屋で勉強会受講中の先生方のレッスンをしました。今年はピアノランドフェスティバル名古屋公演もプレセミナーも開催しなかったので、せっかく名古屋に行くのなら日頃勉強会に参加されているみなさんのお役にたてたらと急遽計画しました。希望されたみなさんはそれぞれに問題意識が明確で、カウンセリングレッスンもスムーズです。自分の音楽をこれからどのように深めていきたいのか、それには何が必要か、その中で今日は何ができるようになったかをしっかり整理して受け取っていただけてホッとしています。

いつも思うのは、「どう弾くか」の前にそれはどんな曲なのかという理解を深める大切さです。作曲家がどのようにその曲を構築したのかに興味を持たないで演奏することは、俳優がストーリーを知らずに演じるようなもの。この部分さえしっかりしていればそれぞれの表現が生きてくるので、「曲を見渡して理解する」→演奏の具体的なプランへと進めていけたらと思います。

みなさんの聴く力と集中力と探究心に感心するとともに、短時間で音色も音楽もどんどん磨かれてくのをみるのはとても嬉しいことでした。こんなに真剣に音楽に向き合う先生方に指導を受ける生徒さんたちは幸せだと思います。スケジュールがタイトで写真を撮る暇もなかったのですが、またいつか、機会を作りたいと思います。

 

 

11月は名古屋づいていて、2週間後の22日にはスペシャルなセミナーが予定されています。
バッハのインベンションへの導入に悩んでいる方も多いとのことで、『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』からインベンションへ、こんな風に連携プレーができたら楽しくなる! という方法をご紹介いたします。
ウィーン原典版、そして野平一郎先生の解説付きのNew Editionをご覧いただきながら、バッハへの興味を掻き立てるアプローチを提案。歌うようなバッハを(多声音楽ですから!)目指したいですね。

また、『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』ではカデンツの種類とその美しさが話題となり本当に嬉しいのですが、それを美しく表現するためのバランスの取り方、ペダルの使い方について、詳細に検証してみたいと思います。美しさを求める耳と、それに応える技の両方を磨いていくために、実り多い時間をご一緒できればと企画したスペシャルセミナー。このタイトルは名古屋のみとなりますので、名古屋以外からもぜひお運びくださいね!

新刊『風 巡る』からの曲も紹介しつつ、濃い時間をご一緒できれば幸いです。
カワイ名古屋へ直接お申込みください♪ TEL 052 962 3939

 

 

 

樹原涼子
PAGE TOP ↑
single-diary.php