スケジュールリスト カレンダー

2017年 8月 3日(木)

ピアノランドフェスティバル2017東京 vol.18

開場:13:00 開演:13:30
渋谷区文化総合センター大和田 さくらホール(東京都渋谷区)

 

こころの奥底から湧き上がる《感動》が、

音楽や踊りとなって新たな命を得る。

その瞬間に立ち会う喜びを!

⭐️このプログラムにかける樹原涼子の思いが、日記に綴られています。

父と母に捧げる思い 8月3日のピアノランドフェスティバル東京公演

 

出演 樹原涼子/小原孝

振り付け/ダンス:木原浩太 ピアノ:樹原孝之介

当日、樹原涼子の4年ぶりとなる新刊ピアノ曲集『風 巡る』が発売です!

 

プログラム

 

世代をつなぐ『ピアノランド』の人気曲パレード 樹原涼子×小原孝

 

録音応募プロジェクトで選ばれた子供たち

♪作曲部門
関谷真菜(小1)埼玉県「みんなくだもの」作曲 関谷真菜

森藤優斗(小2)愛知県「春まつりのきょく」作曲 森藤優斗

水谷心音(小3)三重県「Go Go Let’s Go!!」作曲 水谷心音

♪連弾部門
賀集龍平(小3)北海道「うかれたきょうりゅう 」「ピアノランド④」より

森川真愛(小5)兵庫県「いかないで 」「こころの小箱」より

 

「樹原先生」と「小原くん」の爆笑レッスン 『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』より
“真珠のネックレスのように美しいスケールを弾く”の巻

 

ピアニスト体操

 

『小原孝 ブルクミュラーを弾く』より 小原孝
アラベスク バラード 貴婦人の乗馬
リスト ラ・カンパネラ


コンテンポラリーダンスとピアノのコラボレーション
振り付け・ダンス:木原浩太/作曲:樹原涼子/ピアノ:小原孝
昨年の大好評にお応えして、さらに深く、さらに心に迫るパフォーマンスをご期待ください。
樹原涼子 新刊ピアノ曲集『風 巡る』より、小原孝初演の曲も!

 

『ふたりで弾こう!ピアノびっくり箱2』より、とっておきの連弾曲を!
サニー サイド オブ ストリート/くるみ割り人形/山の魔王の宮殿にて 小原孝×樹原孝之介

 

樹原涼子
父に捧ぐ『やさしいまなざし』より 「やさしいまなざし」
母に捧ぐ「Happy Life」
ゲーム「俺の屍を越えてゆけ2」より 「WILL」

 

HARA HARA 倶楽部
「星になっって」

熊本への復興支援ソング「虹」
CD「虹」より、とっておきのバージョンをお楽しみに!

 

18回めを迎えるピアノランドフェスティバル。

ピアノ教育界において大きな役割を果たしてきたピアノランドを生で味わうことができる場として、
大きな役割を担ってきたコンサートでもある。

毎夏全国各地で行われてきたが、近年は、録音応募プロジェクトを通じて、
子供達との連弾、子供による作曲を奨励、講評を書き送り、公開レッスンを通じて指導するという活動を重ねている。

優秀者には、ピアノランドフェスティバルに出演のチャンスもあり、
出演者はピアノランドwebで動画も公開されている。

出版26年を迎える『ピアノランド』は、すでにピアニスト、作曲家、ピアノの先生、音大生等を育て、
次々に新しいシリーズも刊行され、“聴きとり術”や『ピアノランド スケール・モード・アルペジオ』は、
大きな注目を集めている。

 

音楽そのものと直結した音楽活動を続ける樹原涼子と、
その活動に共感して一緒に子供達を刺激し続ける小原孝氏のピアノランドフェスティバルの活動は、
「子どもの頃、ピアノランドフェスティバルに行って楽しかったから!」という若いママ達にも支持され、
ますます大きな意義をもつようになった。

「初心者から本格的音楽ファンまで楽しめるコンサートなど、そう滅多にあるものではない。
お子様ランチではないコンサートは、素晴らしい」という声を多くいただいている。

作年、コンテンポラリーダンスとピアノの共演が大好評だったこともあり、
今年はさらに踏み込んだコラボレーションを観ていただくこうと、
今夏発表される樹原作品を小原孝氏が演奏、木原浩太が振り付ける。

小原孝氏を師と仰ぐ樹原孝之介が編曲した作品群を、師弟連弾するコーナーも見ものである。
皆様の応援をよろしくお願いいたします。

 

チケット 全席自由

大人 ¥3,500 ピアノランドメイト会員 ¥3,200
子供 ¥1,800 ピアノランドメイト会員 ¥1,500
★子供券は3歳~高校生まで 3歳から入場できます!

 

 

主催:ピアノランドメイト・エナスタジオ
協賛:(株)音楽之友社
助成:公益財団法人かけはし芸術文化振興財団
後援:東京新聞

 
ピアノランドメイト事務局
03-5742-7542
ピアノランドフェスティバル2017東京 vol.18 ピアノランドフェスティバル2017東京 vol.18
PAGE TOP ↑
single-schedule.php