大阪「未来へ手渡す音楽の贈り物ツアー」無事終了❣️

「未来へ手渡す音楽の贈り物ツアー」初日は6月30日、カワイ梅田にて満員御礼で幕を開けました。今年からピアノランドフェスティバルは東京1箇所での開催、8月2日(木)さくらホールとしましたので、せめて録音応募プロジェクトの公開レッスンは全国数カ所で……と、頑張りました。

子供の努力が報われるレッスンを、と考え抜いた私なりの答えを、大阪〜福岡〜名古屋〜汐留〜表参道で。それまでに数百に上る子供たちの録音応募全てコメントを書いて送る……を続けながらのツアー。今も、東京の録音応募のコメントを書きながら、トップバッターの大阪のレポートを書きました。汐留と表参道に応募した皆さんは、全て書いてからの発送となりますから、今しばらくお待ちくださいね。

 

第1部のミニセミナー ムジカノーヴァ連載【憧れの「即興演奏」の扉を開こう!】

まずは即興のワークショップでスタートです。いきなり即興演奏をするのは敷居が高いので、条件を決めて考えると簡単!という5月号の内容をかいつまんでから、いよいよ6、7月号の実践です。

子供も大人もみんなで擬態語(オノマトペ)を思いつくまま書き出し、一番気に入った言葉のイントネーションを生かして音型を作ったり(ムジカノーヴァ6月号)、音数が多いと大変なので片手で弾ける5つの気に入った音をみつけたり(7月号)、会場の皆さんが興味津々でチャレンジしてくれました。

何人も手を上げて前に出て発表してくれた姿が微笑ましく、ステキな音型も発表してくれました。あらかじめ考えてくるのではなく、その場で何かが生まれていく楽しさをみんなで感じられたのは貴重な時間でした。最後に、高校生が作った音型を借りて、私も即興演奏をしてみました。書き留めて作品にするのも楽しいですが、その場でおしゃべりのように生まれる音楽を楽しむ方法もあること、即興は気楽な気持ちで取り組めることが伝えられてよかった!

連載は1年間、様々な音楽の要素を取り上げていきますから、ぜひ、8月号の「半音階」を使った即興演奏もレッスンで使ってみてくださいね。

 

 

第2部 公開レッスン ピアノランド録音応募プロジェクトで選ばれた子供達

関西の応募数は毎年とても多くて、沢山の応募の中から選ばれた子供達が登場します。作曲&連弾の公開レッスンに出演した子供達の記念写真です♫ (もっとよく撮れた写真をお持ちの方がいらっしゃいましたら、いただければ幸いです!)

 

 

★作曲の公開レッスン

1.秦 由芽 はだ ゆめ(小1)ゆめのなかのゆれゆれ

2.中谷 美月 なかたに みづき(小1)はれたよ はれたよ うれしいな

3.竹内 唯夏たけうち ゆか(小3)たからさがし

4.横山 あかり よこやま あかり(高3)雲を眺めて

まずは、作曲の公開レッスンの様子からレポートします。
プログラムのはじめは1年生が二人。
小さい子の作品は自分の気持ちを歌詞にのせて、言葉のままに音楽が流れ出しとてもステキです。

 

1番 由芽ちゃんの「ゆめのなかのゆれゆれ」は、オノマトペのワークショップを受けてから作ったみたいでびっくりでした! 自然に曲が生まれてきたのですね。

2番 美月ちゃんは『ピアノランド②』の「レインレイン」で雨が降って外遊びできない残念さを思い、そのアンサーソングとして「はれたよ はれたよ うれしいな」を作ったそうで、2曲続けて演奏することに。そのストーリー展開も、借用和音もバッチリ。

3番 唯夏ちゃんの「たからさがし」は、アドバイスに沿って印象的なフレーズを強調する構成に変更してきたとのことで、応募した時よりさらにかっこいい曲になりました。よい素材を発見するのが上手です。

4番 あかりさんは、拍子が度々変化してたゆたうような曲で、タイトル「雲を眺めて」とぴったりな音楽。高校生らしく「自分の作品を客観的にみるために録音して聞き直しているが難しい。先生はどうしていますか?」という質問には、真剣に答えました。参加された一般の方から自分の仕事と照らし合わせてとても参考になったとメッセージをいただき、どの分野でも言えるのですが、好きなことを楽しむことと、その道の専門家になることとの間には大きな川があって、そこを超えるための試行錯誤はとても貴重な経験です。

 

★連弾の公開レッスン

1.岩月 優弥いわつき ゆうや(小4)なつかしいカノン(PLC㊥)

2.山羽 夏鈴 やまは かりん(小5)王宮の音楽(PL③)

 

「ピアノランド」の連弾から公開レッスンに選ばれたのは、偶然にも6手連弾が2曲。優弥くんはエオリアンモードのやさしさ、懐かしさを、夏鈴さんは調性音楽のドミナントモーションのエネルギーを表現できました。二人とも、連弾&ミュージックデータで培ってきた安定したアンサンブル能力があって、いい演奏になりました。樹原孝之介と私がサンドイッチする形で、のびのびとプリモを楽しんで演奏できました。みなさんも、ぜひ3人での連弾も楽しんでみてくださいね。ピアノランド4巻のきょうりゅう組曲のラストにも6手の「きょうりゅうのパレード」があります。

 

 

そしてこちらは、次点の子供達。作曲部門はレッスンではなく作品発表の場を、連弾部門は本番で私との連弾を披露するというもの。作曲も連弾も6人ずつの出演です。選ばれなかったもっと多くの子供達の分まで頑張ってくれました。

 

 

〈作曲の記念演奏〉

1.中谷 優月なかたに ゆづき(小1)たのしいピアノランド

2.藤田 さつき ふじた さつき(小1)どうぶつえんへいこう

3.中川 知映なかがわ ともえ(小2)ママのだっこ

4.石井 琴羽いしい ことは(小4)春

5.安岡 和 やすおか なごみ(小5)夕月

6.佐道 天佳さどう てんか(小6)笛の音

 

作曲の記念演奏にも、ステキな作品が並びました。順番に「ピアノランドマーチ」への返歌、動物園へいくストーリーをコードの持つ特徴を最大限に生かして表現した世界、大好きなママへ想い溢れる歌、季節や美しい景色を愛でて自然と音楽にできる高学年の2作品、マザーグースの歌詞にヒントを得た楽しい作品等、どれも個性的でした。

 

〈記念演奏〉

1.藤本 悠良 ふじもと ゆら(小3)しんまいピエロ (PL③)

2.鶴原 瑠花つるはら るか(小3)レッサーピョン(PLC㊥)

3.板谷 優衣いただに ゆい(小3)ビッグサマー (PLC㊥)

4.水谷 結衣 みずたに ゆい(小4)たからのダンジョン (PL③)

5.蓬莱 茜ほうらい あかね(小5)うかれたきょうりゅう (PL④)

6.川田 江梨花 かわた えりか(小6)子猫のワルツ (PLC㊦)

 

連弾の記念演奏に出演した6人も、とてもよく練習して堂々と演奏していました。本番の機会を沢山持つことはとても大切ですね。表現力豊かで、連弾している私が触発される演奏もありました。拍手を送ります!

そして、今回コメントを送ったたくさんの子供達、出演はできなかったけれど、応募してくれてありがとう! アドバイスを参考にこれからもピアノを、音楽を楽しんでくださいね。

 

第3部 不思議なハーモニーのコンサート

まずは、「英語でピアノランド」のコーナーから!
「ぴかぴかぼし」「どどどど どーなつ」を樹原孝之介のリードで、会場のみなさんもすぐに覚えて一緒に歌いました。NHKの「英語であそぼ」の歌のお姉さんでもお馴染みのクリステル・チアリさんが英訳してくれた歌はとても歌いやすくてステキです。

日本語だけではなく英語でピアノランドを歌えたら、海外の子供達とも一緒にアンサンブルができそうですね! この活動もコツコツと続けていくつもりです。子供達にとっては、よく知っている短い曲を英語で歌うのは簡単&楽しい&目先が変わって集中するという効果があり、紹介したYouTubeも大好評でした。

動画は、ピアノランドのトップページから4曲まとめてご覧頂けます。1曲ずつご覧になりたいときは下記から。

「どどどど どーなつ」 「ぴかぴかぼし」「きつねとうさぎ」 「ぐーぱーたいそう」

 

そして今回は、もうすぐ出版する連弾組曲『時の旅』(子供と大人それぞれのために、二つの連弾組曲を書きました!)から子供にモードを楽しんでもらおうと書いた「小さな時間旅行」の中の「ドリアンボートに乗って」を紹介しました。
もうすぐ正式の告知ができると思いますのでお待ちくださいね!

ドリアンモードは、ピアノランドの中でも使っていて、3巻の「かっぱのむかしばなし」を演奏してから「ドリアンボートに乗って」を演奏することで、モードの共通点を味わってもらいスタート。

 

そして、樹原孝之介編曲の『ふたりで弾こう!ピアノびっくり箱』1&2から不思議なハーモニーの「メリーさんの羊」赤い屋根の家」「ふるさと」「星に願いを」、その2通りのアレンジを楽しんでいただきました。(リンクはお手本動画です)

鍵盤を腕で沈めたまま倍音の響きを利用した特殊奏法の曲もあり、孝之介私と私が連弾する様子を、どの子も食い入るように見つめ、聴いてくれました。

 

 

盛沢山で長丁場の1日でしたが、このように音楽漬けの時間を持ち、その世界に浸りきる経験ができたことを保護者の皆様にも喜んでいただけて嬉しく思います。出番が終わったら小さい子はホッとして眠ってしまう姿もいじらしく、何年も参加して専門教育に進む子供が現れたことも嬉しく、とにかく、このような機会を作り続けていくことの意味を再確認しました。

ご協力いただきましたピアノの先生方、保護者のみなさま、カワイ梅田のスタッフのみなさま、どうもありがとうございました。7月1日の福岡での様子はまた後日アップします。

 

興味を持ってくださった方は、ぜひ、下記に御運びくだささい。

2018年 7月 7日(土)15:00 残席僅か

樹原涼子の 未来に手渡す音楽の贈り物ツアー in 名古屋

 

2018年 7月 23日(月)14:00

樹原涼子の 未来に手渡す音楽の贈り物ツアー in 汐留

 

2018年 7月 25日(水)10:30

樹原涼子の 未来に手渡す音楽の贈り物ツアー in 表参道

 

2018年 8月 2日(木)13:30

ピアノランドフェスティバル2018東京 vol.19

「歌うピアノランド 壮大なピアノランド物語を聴こう! 歌おう!」

小原孝さん、春日保人さん、クリステル・チアリさん、樹原孝之介と、とびきりのステージをお届けします。

 

 

 

 

樹原涼子
PAGE TOP ↑
single-diary.php