出版物 > メディア >
カタログ表示 リスト表示
「The Four Seasons」より<spring> 約束

「The Four Seasons」より<spring> 約束

発売元:樹原涼子スタジオ
価格:¥2,000(税別)
発行年月日:2004/04/01

樹原涼子
LKCD-1004

樹原涼子が季節ごとにつづる歌のミニアルバム「The Four Seasons」の第2作目<spring>「約束」

春にふさわしい5曲を選んだミニアルバム。試聴できます♪

 

 

 

春は、「花」。

初演したライブでゲームデザイナーの桝田省治氏に見初められ、ゲーム「俺の屍を越えてゆけ」の主題歌となり、長く愛されて来た。

ゲームのサウンドトラックとは異なるバージョンを、初演したごきげんバンドと、アルバムのために再録音。

弾き語り、ピアノソロバージョン、ビギナーバージョンの3つのアレンジが、楽譜『The Four Seasons ベスト・セレクション』に納められている。

 

 

「夢のように 花のように」

パートナーを亡くした友人に捧げた曲。“思い”は、時空を超えて届くから、大丈夫。

 

「さくら」

天才ギタリスト宮野弘紀に託された曲に、樹原涼子が作詞。ギターと歌だけの耽美な世界。

 

「TRY AGAIN」

ゲーム「リンダキューブ」のエンディングテーマ。PCエンジンから、PlayStation、セガサターン版にも移植された人気ゲーム。

ゲームでは声優高山みなみが歌っているが、ここでは、作者樹原涼子がボサノバで歌う。

 

「約束」

夭折した友に捧げた「約束」。

「いつかやりたいことは、今、やらないとずっとできないよ」と、このミニアルバムの制作を促してくれたかのよう。

 

※「さくら」を除く4曲は、楽譜『The Four Seasons ベスト・セレクション』にCDに対応した弾き語りの楽譜が出版されている。

 

公開日: 最終更新日:2016/01/29

PAGE TOP ↑
single-publications.php