出版物 > 書籍 >
カタログ表示 リスト表示
耳を開く聴きとり術 コード編

耳を開く聴きとり術 コード編

発売元:音楽之友社
価格:¥1,800(税別)
発行年月日:2014/08/20

【判型・頁数】 A4・96頁
【ISBNコード】 9784276101555
【商品コード】 101550

 

「コードを聴きとる耳」を育てる入門書。コードの違いや響きの流れを、リラックスした状態で書かずに聴きとって学習する、全く新しいタイプのテキストです。コード編、ドミナント・モーション編の2部構成。
本書は「コードを聴きとる耳」を育てる、コードネームの入門書です。これまで多くの人がコードの勉強で挫折してきたのは、いつも楽譜から入り、耳を使ってこなかったから。本書の方法ならば「コードの響きを聴く喜び」を感じることができ、コードの違いを聴いて楽しむ力、流れを感じて味わう力が身について、必ずマスター出来るように作りました。本書は学習者、指導者のために作られていますが、まだ楽譜が読めない生徒でも“聴きとり術”に取り組むことができます。特に、脳の中の「聴く」領域が伸びる幼児のうちに取り組めば、より成果が上がるのです。
前半は、コードのしくみや「C」を根音とする12種類のコードの響きを徹底的に聴いて感じて覚える「コード編」。“コードのお団子図”を用いたユニークなコードの覚え方とコラムで、楽しみながら聴く力を高めます。

後半は、コード進行を学ぶ「ドミナント・モーション編」。お辞儀をしたくなるドミナント・モーションの12通りの進行を聴きわけ、表現できるようように育てていきます。テンションのあるもの、分数コード、短調からの借用など、様々な属七の使い方に触れ、豊富な曲例で確認、響きの流れを感じるコツがわかり、音楽のしくみに興味が持てるように工夫されています。
幼児から専門家まで、幅広く使うことができます。

 

本書をマスターするための勉強会が各地で開催(前半「12のコード編」後半「ドミナントモーション編」)されている他、樹原涼子のコード塾ではピアノランドメソッドとの併用方法が学べます。

 

kikitoridescription

公開日: 最終更新日:2017/08/02

PAGE TOP ↑
single-publications.php