「歌うことは 生きること」 樹原涼子

歌うということ

「歌う」ことはとても大事だと
みなさんも思っていらっしゃると思います。

歌うようにピアノを弾くこと
歌うようにピアノを弾くために、歌うこと

が大事ですね。

それは、ピアノを教えている方はみなさん
心がけていらっしゃることでしょう。

私自身が特に大切にしているのは、
「歌いながら弾くこと」です。
ピアノランドは歌いながら弾くこともできる教材なので、
子供達は自然と歌い弾き、弾き語りができるように育っていきます。

私は、詞を書いたり、作曲をしたり、歌を歌ったりすることが
ピアノを弾くことと同じように好きだったので、
それらは子供の頃から一体となって私の「遊び」の中にありました。

特に歌の訓練を受けたわけではなく、
自分の自然な声を大切に歌い続けて来た中でみつけた
自分なりの発声。

だから、ピアノと違って歌い方を教えることはできませんが、
歌のおかげで、私はとても人生が豊かになった気がしています。
私は、なぜ歌を歌いたいのだろう?
ピアノだけで十分ではないのか?

そう自問自答してみると、
やはり、歌わない自分より、歌う自分でいたいと思います。
忙しすぎて、歌を作る時間も歌うことも減ってくると
とても心が寂しくなってしまいます。
だから、せめて年に1回だけは、歌を中心にしたコンサートをと
つづけてきました。

自分を幸せにするために歌っているのかな、と思うこともあります。
友人の死に打ちのめされたとき、
歌を作ることで、泣きながら歌うことで
少しずつ元気を取り戻していくことができました。
東日本大震災のときも、熊本地震のときも、
両親が老いていく傍にいて感じる人生の喜びと悲しみも、
歌という形にすることで、
自分を励まし、自分の心に語りかけているのかもしれません。

ただ、そのような歌はいつも、
お客様の前で泣かないで歌えるまでには修行が必要でした。

そんな、私にとっても大切な歌たちを、
大切に聴いてくださる方がいることに、
心から感謝したいと思います。

歌わずにいられなかった私が、
頼まれたわけではなく、
自分のために作った作品たち。

 

12月23日(日・祝)の夜のクリスマスライブで歌う曲について
少しだけ、紹介させてください。

 

 

【第一部】 モードを使った不思議な曲を集めました。

1 きりん きりん

星を見上げたきりんの坊や
もっとお首が伸びたなら、赤い星に届くのに
きりんの坊やとおかあさんの唄です。

 

2 ROUND & ROUND

巡る巡る季節に時の歌を歌えば
すれ違う人はみな 振り返るよ ROUND & ROUND

 

3 連弾組曲集『時の旅』より、組曲「小さな時間旅行」

・ドリアンボートに乗って
・フリジアンの罠
・リディアンドールの家
・ミクソリディアンの活躍

8月に発表したピアノ連弾組曲をごきげんバンドで演奏します。
少女が星の光に誘われて時間旅行へと漕ぎだし、
リディアンドールと熊のミクソリディアンに出逢い、そして……。

 

4 ふわふわ

CDでは多重録音をしていますが、
ライブではコーラスとバンドのサウンドで、
雲の間を漂っているような不思議な浮遊感を~

恨んでいたことも 悲しい出来事も
雲にちぎれていく 忘れていく

 

【第二部】

5 多分あなたでいいの

生まれた時から 決まった人がいるって 誰かが言ってた 本当かしら
(恋の始まりのワクワクを歌うなんて珍しいかも!)

 

6 祈り

あなたのために 祈りましょう
あなたがいつも 誰かのために
祈れるように 祈りましょう
あなたの夢が叶うように

 

7 永き道

歌うことも生きることも 私にとって同じこと
愛し合って共に暮らす 時を重ねて知る想い
病めるときも すこやかなときも
死が二人を分かつときまで

愛していこう 愛していこう どんな小さな思い出も すべて
愛していこう 愛していこう 平坦ではない 平凡な道

 

8 HPPY LIFE

「できないことが増えてゆくばかりよ
年をとるのは哀しいことなのよ」

進行する認知症の中での母の言葉を思い出し、
母の幸せなを祈る唄です。

 

9 愛する者たちよ

愛する者たちよ 自分を裏切るな
それが一番卑怯なことだと知っているか
愛する者たちよ 誰かを愛したか
愛する者のために 涙を流してきたか

その手を差し伸べて 誰かを助けたか
心と心が触れ合ったか
その手を広げて 世界を愛したか
おまえにできることはないか

 

10 花

それぞれに美しく 誰のためでもなく
ただひたすら 咲いて咲いて 散るまで咲いて

花 花 どんな花 あなたらしく咲き誇って
花 花 どんな花 生命燃やして

 

 

作っているだけでも幸せだけれど、
せっかく作った歌を誰かに聴いていただけるよう、
少しは何かしなくてはいけないと思ったので、
私の歌への思いを書いてみました。

日頃の仕事に埋もれてしまっている樹原涼子の歌ですが、
限りある人生の中で、このままでいいのかなと
作品に申し訳なく思うことがあります。
何のプロモーションもできないけれど、
生み出した歌たちが私を生かしてくれていることへ
感謝の気持ちをこめて、歌います。

 

機会があれば、CDを、そして、コンサートにも
おいでいただけたら幸せです。

樹原涼子

 

 

 

2018年 12月 23日(日)

樹原涼子の モードなクリスマスNEW

19:30開演 18:00開場

アート・カフェ・フレンズ(東京都渋谷区恵比寿)
樹原涼子スタジオ
TEL:03-5742-7542
mail:info1@pianoland.co.jp
樹原涼子のCDや楽譜は、こちら
樹原涼子
PAGE TOP ↑
single-diary.php